長野県長野市のちいさな工務店、株式会社美登利屋工務店は、住み継ぐことのできる本物の木の家を建てています。         LinkIconお問い合わせspacer.gifLinkIcon資料請求

logo.jpgpage4_main2.jpg

bar2.gif

西長野の家にお住まいのAさん。

濃紺のガルバリウムと、コンクリート打ち放しのコントラストも鮮やかな住まい。それがAさんのお宅でした。土地の勾配を利用し、外からの視線を上手に遮りながら、景観をたくみに取り入れる設計になっていることが、外から見ただけでもわかります。

一生に一度の家づくりをハウスメーカーには頼みたくないと考えていたAさんは、新聞広告で知った美登利屋工務店のOB見学会で、自然と共生する姿勢や将来ゴミになるものは極力避けた家づくりに共感。美登利屋工務店に家づくりをお願いすることにしました。

voice1-1.jpg

営業はしてこないが、
要望にはきちんと応えてくれた。

Aさんが美登利屋さんの見学会に行って驚いたのは、「ハウスメーカーも見て、違いを実感して欲しい」と言われたことでした。契約を急かす営業マンが多いなか、こうした対応に興味をもったAさんは、実際にいろいろなハウスメーカーや工務店を廻り、その上で美登利屋さんに家づくりを託されました。それは、「担当した佐藤さんから家づくりに対する真摯な姿勢を感じたからでした。

「あまり深く考えないで家を建てている人が多すぎると思う。そう話すAさんのこだわりに、佐藤さんは、プロの視点でしっかり応えてくれました。「いろいろと要望は出しましたが、プロから見て最善と思われるものを提示してくれるので、打ち合わせは楽でした。」そういって机の上に出された当時の打ち合わせ資料は、モノを選ぶための打ち合わせではなく、暮らしにあった住まいの設計に割かれた時間の多さを物語っていました。

voice1-2.jpg
満足のいく仕上がりにご満悦のAさんご夫妻。
voice1-3.jpg
何冊にもなった打ち合わせの資料。

暖かく、明るい家。

そんなAさんが、家づくりにあたって大切にしたのは、「明るく、暖かい家」であること。OB見学会で体感したパッシブソーラーは、ぜひ採用したいと思った要素のひとつだったそうです。美登利屋さんで建てると決める前に、OMについての様々な書籍を購入し、近隣のOM加盟店にも訪問して、どこで建てるかをじっくりと検討されたのだとか。そうして決めた美登利屋さんの建てるパッシブソーラーの家には、羊毛断熱材というすぐれた断熱材が使用されています。玄関に入った瞬間に、他の家との違いがわかるそうで、真冬でも薄着で過ごせてしまうのだとか。この暖かさに加え、木の家ならではの心地よい空気感が効いているのか、「この家に越してきてからは、風邪も引かず健康に過ごせている」とAさんはいいます。

voice1-4.jpg
大型シューズクローゼットもこだわりポイント。
voice1-5.jpg
匠の技ですっきりと仕上げられたキッチンの棚。

夢につながる家づくり。

期待感を煽る長めのアプローチがある玄関の裏手には、ビルドインガレージがありました。土地を読み、日常の動線を考慮した計画が光ります。
「将来は善光寺の近くでカフェをやりたい」そう話すAさん。健康で快適なこの家で暮らすことで、その夢もそう遠くない将来にかなうことでしょう。

voice1-6.jpg

美しい建築 家づくりへの思い
時を超えて 長期優良住宅
信濃の舎 モデルハウス
心地よいひととき お客様の声
住処集 施工例

おでく三代バックベージュ.jpg

美登利屋の歴史を綴った本
「おでく三代」の
書店販売がはじまりました。

アマゾンでも販売しています。