長野県長野市のちいさな工務店、株式会社美登利屋工務店は、住み継ぐことのできる本物の木の家を建てています。         LinkIconお問い合わせspacer.gifLinkIcon資料請求

logo.jpgpage1_main2.jpg

bar2.gif

古きのれんに新しい技術。

大正時代より大工棟梁として、地域に建築を通して貢献させていただいた。
当時は地産池消が当たり前で、技術や職人など、今の美登利屋に生きています。
少ない材料で建物の寿命を延ばし、美しい建物を造る精神は、今の美登利屋と同じです。
当時から職人集団として、そうま(立木を建築木材にする)、大工(木材を木組みする)、屋根、左官などが集まっています。
いつの時代も昔を振り返り、新しい技術に挑戦する力を持って進んでいきたいと思います。

rekishi01.jpg松本邸
大正15年 先々代作

rekishi02.jpg小川神社/社務所
昭和初期 先々代作

rekishi03.jpg坂井邸
昭和初期

rekishi04.jpgK医院
昭和初期

rekishi05.jpgJ公民館
昭和30年

rekishi06.jpg鈴木邸
江戸後期の建物再生

rekishi08.jpg小林邸
昭和50年

rekishi09.jpg丸山邸
昭和55年外観 伝統構法による本格的住宅

rekishi10.jpg丸山邸
内観 本物の材料による重厚な内部空間

rekishi11.jpg山田邸
昭和58年外観 和風造りに現代感覚を生かした住宅

rekishi12.jpg今井邸
昭和60年外観 現代の住宅間に適合したシンプル住宅

rekishi13.jpg坂井邸
昭和62年外観 新しさの中に伝統を取り入れた出掛造り

美しい建築 家づくりへの思い
時を超えて 長期優良住宅
信濃の舎 モデルハウス
心地よいひととき お客様の声
住処集 施工例

おでく三代バックベージュ.jpg

美登利屋の歴史を綴った本
「おでく三代」の
書店販売がはじまりました。

アマゾンでも販売しています。