着工当時、住まい手に「なんともない家ですね」と言われてしまいました。この“なんともない”とは、構造的に強固で間取りはシンプル、デザイン・家の構えも町に対して主張しすぎず、控えめな家の様子からです。使用した材料も床板と外壁には杉材、内壁と外壁には九州の火山灰シラス、その他、和紙、ガラス等昔から使われている“なんてことない”材料ばかりですが、これらは完成した時が一番美しいのでなく、使い込むほどに味わいが出てくるものばかりです。